ED治療を決断する男性

意外と笑えないED。精神的にも結構きついですよね。そこで、ED治療をしようと決めたあなたは偉い!よくぞ決断してくれた!そうと決めたは良いけど、まずは何から始めればいいんだろう?と迷っている方を当サイトで丁寧にご案内して差し上げます。

2016年09月の記事一覧

ED治療薬の使用方法と製造元の確認

性行為の数時間前に服用することで効果を発揮するED治療薬の使用方法はいたって簡単です。アルコールを少量であっても服用できますので、デート後のセックスにも効果を期待できます。また軽食によって服用できる製品もあります。レビトラやシリアスが対象になっていますので、高いカロリーを取らなければ十分効果を期待することができますが、基本は空腹の使用時が適していることを知っておきましょう。またシアリスは服用から30時間以上の効果を期待することができますので、デート前に服用していれば、長い時間セックスを楽しむことができ、お泊りデートなどにも活躍するED治療薬になっています。

このようにいろんな方法を試しても、EDが改善されないときの方法としてED治療薬があります。セックスは日本では言葉にするのもはばかれるような側面を持っていますが、パートナーとの良好な関係を築きたいのであれば、欠かせない行為になっていますので、勃起不全を感じているのであれば積極的に改善を図るようにすると良いでしょう。ただひとつデメリットがあります。それは医薬品が高いことです。

保険診療外の治療薬になっていますので、自己負担になってしまいます。経済的な理由によってED治療薬を服用できなくなることもあり、それを避ける一つの方法を知っておきましょう。それは個人輸入を利用して海外の医薬品を購入する方法です。格安の医薬品になっていますので、効果的に治療薬を求めることができます。ただし医薬品の製造元が異なりますので、その点は注意しましょう。そうなると医薬品名も変わってくることから、事前に情報を集めて正しい方法と信頼できる業者から求めてください。

続きを読む

ED治療薬やAGA治療薬のフィナステリドと製薬会社

新薬の開発と言うのは膨大な開発コストがかかると言われていますが、開発コストがかかる理由と言うのは医薬品の有効性、副作用などを研究する時間が多くかかるため、全体のコストが多くなるからなのです。

また、新薬の開発は開発途中に競合する製薬会社にレシピなどが盗まれてしまえば、今までの苦労が水の泡となるため、開発途中の中で特許申請を行い医薬品の保護を行っていると言います。

尚、この新薬における特許期間と言うのはそれほど長いものでは無く、開発に多くの歳月がかかれば製造販売する期間も短くなる事になるわけです。

特許期間が切れた後は、他の製薬会社が同一の成分や製法によりジェネリック医薬品の製造販売が可能になるのが特徴で、新薬の開発のように膨大なコストがかからないジェネリック医薬品は低価格で購入が出来る事からも、利用されている人も多くいます。

所で、AGAの治療に利用されるフィナステリドには男性機能を低下させると言う副作用が生じてしまう事も在ると言います。

AGAは若い男性に多い薄毛と言う事からも、勃起不全などの症状が起きてしまうと子供を作ることが困難な状態になる事も在ります。

勃起不全と言うのはEDとも言われている症状で在り、簡単に言えば勃起状態にならない、若しくは勃起状態になっても射精が難しいなどの症状で在り、性行為が難しくなるため、子供を作ることが出来ない状態になってしまうと言う事です。

ED治療薬はバイアグラなどが有名ですが、日本国内ではバイアグラジェネリック品、シトラス、レビトラと言う3種類の医薬品が厚生労働省で認可を得ており、何れも病院での処方を受ける事が出来ます。

因みに、ED治療薬は服用後に性的興奮を受ける事で勃起状態を導くと言った特徴が在ります。

続きを読む